yoshizaki

記者紹介

吉崎 亮介

株式会社Carat 最高執行責任者 舞鶴高専専攻科、京都大学大学院 情報学研究科修了。CEDEC2016登壇。学生時代に3つの研究室を渡り歩き、画像処理、音声解析、制御工学、ロボット工学、進化型計算、機械学習を専攻。応用事例を踏まえ、機械学習とその魅力を配信します。

programming_beginer_mac

プログラミング学習のブームが到来している今、プログラミングを始めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
しかし、プログラミングを始めるにはまず何をすれば良いのでしょうか。

ずばり、『Mac』を買いましょう。

決して安い買い物ではありませんが、間違いなく費用対効果は高い買い物になると言えます。

『プログラマーと言えば、Mac!」という印象を持つ人も多いMacですが、なぜそんなに人気なのでしょうか。

今回は機械学習にも必要な『プログラミング』を始めたいと思っている人向けに、Macでプログラミングを始めるメリットを3つご紹介します

Macとは

iPhoneやiPadをお持ちの方はよくご存知かと思いますが、Apple製のPCをMac(正式名称:Macintosh)と呼びます。
非常に洗練されたフォルムでありながら、パワフルな性能が魅力的な製品です。

Macの特徴として、AppleがMacのソフトウェアもハードウェアも手がけているため、ハードウェアに対して最適なソフトウェアが提供されており、機能をフル活用できています。
それに対し、Windowsはサードパーティー製(SonyやNECなど)の製品が多く、各企業において努力はされていますが、AppleほどPCの内部を掌握できていないと言えます。
Macがパワフルな理由はここにあったりします。

Macを使うべき3つの理由

リファレンスが豊富

これが最も大きな理由ではないでしょうか。

プログラミングを勉強する際に、参考書を使うことが多いですが、バージョンの違いなどで、参考書通りに学習が進まないことがよくあります。
そんなときに Qiita などの技術系ブログを参考にして、問題を解決することになります。
Qiitaの記事は、Macユーザーが比較的多く、Windowsの環境では同様に動作しないことがあります。
熟練者であればWindowsに合わせて、読み替えることができますが、初心者にはハードルが非常に高いです。

プログラミングと同じくらい環境設定も難しく、初心者はこの環境設定を気にかけなくて良い状態で始めることが大事です。
例えるならば、「英語(Windowsの環境)もあやふやなまま、英語でスペイン語(プログラミング)を学ぶ」ような状態です。
それならば、「日本語(Macの環境)でスペイン語(プログラミング)」を学ぶ方が、遥かに学習しやすいのではないでしょうか。

Linuxとの親和性が高い

こちらは少し先の話になりますが、実際にプロダクトを作る上で非常に重要なポイントになります。

プログラミングを勉強すると、Webアプリケーションなど、誰かに使ってもらえるようなプロダクトを作りたくなります。
この「自分以外の誰かに使ってもらう」ためには、サーバーと呼ばれる自分以外の外部PCにプロダクトをインストールする必要があります。
そのサーバーはLinuxというOS(OSはMacやWindowsなど)で動いていることが多いです。
Linuxは基本的にコマンドで操作するため、マウスでクリックしたりはせず、Linuxを操作するためのコマンドを別途覚える必要があります。
Windowsを使用しているとこのコマンドを覚えることは基本的にないのですが、Mac内のコマンドはLinuxのコマンドと基本的に同じであり、Macを使っているだけで自然とLinuxの基本が身につきます。

そのため、外部にアプリを公開したい場合にも追加の学習がほとんど必要なく、スムーズにプロダクト制作が進みます。

マウスがいらない

3つ目は利便性の話です。

Macは持ち歩くことが多く、その象徴として、スターバックスのMacユーザーがいます。
PCと一緒にマウスを持ち歩くことは案外面倒くさく、PC一台のみの持ち歩きで完結することが望ましいです。

Macはこのあたりも非常に考慮されて設計されています。
複数の指で操作することができ、非常に直感的にファイル操作や仮想デスクトップの切り替えが行えます。
個人的にはマウスを使うよりも、タッチパッドを使うほうが操作が速いと感じています。

番外編:とにかくスタイリッシュ

本当はこれを一番推したいところですが、少し説得力に欠けるため番外編で書きます。

Macはとにかくスタイリッシュです。
持っていると、『できる人』のオーラが出ているような気がします(実際には出ていません)。
スティーブ・ジョブズがこだわり抜いたフォルムは非常に素晴らしく、単なるPCとしてではなく、一種のアートとして成立するとも思っています。

持っているものに愛着が湧くとモチベーションも上がり、プログラミングをすることが楽しくなること間違いなしです。
『形から入る』タイプの人は特にMacがおすすめです。

まとめ

プログラミングを始めたい方はMacを使いたいと思っていただけたでしょうか。
大多数のプログラマーが使っていることには、やはり理由があります。

Macを買って、どんどんプログラミングをしていきましょう。
そして、プログラミングを習得をすれば、次は機械学習に挑戦です。