matsumoto

記者紹介

松本 直樹

株式会社Carat 代表取締役社長 同志社大学を卒業後、ソフトウェアテストを専業とするIT系ベンチャー企業に就職し、部署の立ち上げや子会社の立ち上げ支援などを兼任。キカガクOnlineでは機械学習を用いたビジネスを様々な視点から考察を行い、ビジネスパーソンにより分かりやすく機械学習の情報を届ける。

はじめに

本稿は機械学習をビジネスの場でどう活用していくのが良いのかを専門家でない主にビジネスパーソン向けに説明をする一連の記事の第1弾になります。
bussiness01

そもそも

bussiness02

機械学習とは?

bussiness03

簡単に言うと人の頭の中の仕組みをコンピューターでも一部できるように学習するアルゴリズムを導入していると言えるでしょう。

人と機械の違いとはなんでしょう

bussiness04

人は生まれ生活して行く中で様々な経験をしてそれを元に自然と学習し成長していきます。

しかし、機械は自然とは学習しません。

bussiness05

機械学習において大事なコト

bussiness06

この中でも最も大事なコトがゴール(目的)設定であり、機械学習を事業に活用することが目的となっているケースもよく見かけます。

bussiness07

人工知能・機械学習・DeepLearningの違い

よく人工知能や機械学習・DeepLearningって聞くけど、3つとも同じなの?何が違うの?と思われている方は非常に多いと思います。

bussiness08

つまり、どういうことなのか。

bussiness09

「人工知能>機械学習>ディープラーニング」となります。

ビジネスにおけるメリットとは?

機械学習が今ではバズワードとなりビジネスでの活用も当たり前のようになっていますが実際にはどうなのか?と考えられている方がいらっしゃるんではないでしょうか。

bussiness10

最もビジネスに寄与する部分で言うと、反復するようなやり取りや作業などを機械学習することで人間ではできないようなスピードで処理することができることにより大幅なコスト削減が可能になるケースがあるかと思います。

それではどんなところで機械学習が活用されているのか。

機械学習を使ったビジネス例

bussiness11

様々な分野で機械学習が活用されており、今ではプログラミングを活用するかのごとく多くの企業で取り入れられ始めている状況です。

終わりに

今後も機械学習のビジネスおける事例などを交え機械学習の理解を深めれるようお届けをして参ります。